本店0120-57-5752 吉祥寺支店0120-60-7004 お問い合わせはこちら

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > お年玉、あげすぎに注意…

«  | スタッフブログ |  »

お年玉、あげすぎに注意…

お年玉(おとしだま)は御年玉とも表記されます。

年玉(としだま)が正式名称です。

年玉の習慣は中世にまでさかのぼります。

年玉の習慣では、武士は主として太刀を、町人は扇を、医者は丸薬を贈ったようです。

年末の歳暮とは異なり、年玉は目上の者が目下の者に贈るのが特徴になっています。

現在では、年玉は新年を迎えるために贈られる金品になります。

特に子供に金銭を与える習慣や金銭の意味に使われています。

一般的に子から親へ贈る場合の表書きは「お年玉」になります。

次に、お年玉あげる意味やお年玉の相場やお年玉の税金などを紹介します。

お年玉あげる意味にはいくつもの説があります。

民俗学的には、お年玉の「たま」とは、「たましい」のことで、「としだま」とは

新年を司る年神への供え物の下げられたもと考えられています。

神様へのお供え物には祀った神霊の分霊が宿るとされています。

お供え物を頂くことにより、人は力を更新して新たな一年に備えられるとされています。

お年玉を、年のありがたい賜物(たまもの)として「とだま」という名がついて、

なまって「としだま」となったという説もあります。

また、神棚に供えた餅玉を与えたために「年玉」になったという説もあります。

親が子供にお年玉あげる意味は、力を更新して新たな一年に備えて無病息災で過ごして欲しいという

願いになるのではないでしょうか。

お年玉あげる意味は新たな一年を無病息災で有意義に過ごしてくださいになります。

高額なお年玉には贈与税などの税金が関係する場合があるので注意が必要です。

1年間にもらう金額が110万円を超えると、110万円を超えた額に贈与税がかかります。

かわいい初孫のお年玉に120万円を贈ると、110万円を超えた10万円に贈与税がかかるので注意が必要です。